ビマトアイドロップ

Fラン私文学生が頑張ってみる。

Fラン私文学生が無限にある暇な時間を使って、いろんなことをしてみるブログです。

【3週間目】アプリ版はてなブログから近況報告

こんばんは、最近何かと忙しいFラン私文学生です。

f:id:frnstudent:20180824233531j:image

家でゆっくりパソコンからブログを書く時間が取れないので電車に乗りながらアプリ版のはてなブログから書いています。

 

ていうかアプリ版なんてあったんですね、、

 

ブログを始めてから3週間近くになるんですがアプリ版があることに今更気づきました(笑)

 

レビューの評価の低さから使いにくいのかなと思いつつもダウンロードしたら案外使いやすいですね。

 

とてもシンプルでブログを書くことだけに焦点を置いたようなデザインです。

悪くいえば不足してる機能が多いということになりますが、、(笑)

 

パソコンから書く時に右側にある様々な機能がカテゴリー、予約投稿、カスタムURL以外存在しません。(僕がはてなブログproじゃないからかもしれませんが)

 

まぁでも文章を書いたりする分には特に支障がないので僕的には結構使いやすいです。

 

記事作成中にアプリが落ちたり、誤ってタスクキルしてしまっても勝手に保存してくれるところも非常にありがたいです。

 

アプリ版はてなブログの話はこれくらいにしてブログの近況報告をしておきましょうか。

f:id:frnstudent:20180824233556p:image

スマホのアプリで見づらいかもしれませんが3週間で500Viewを超えることができました!(あとで忘れないうちにPCからのアクセス解析画面を貼ろうと思います(笑))

 

個人的にがっつり力を入れてやっていたわけでもないのでこの数字はかなり嬉しいです。

 

こうやってグラフにして見ると差がくっきりと分かれて面白いですね。

 

Twitterでフォローフォロワー以外からRTされた記事はやはり伸びる傾向にありますね。記事を書いているからには1人でも多くの人に見てもらいたいので拡散してもらえるのはとても嬉しい限りです。

 

近いうちにに収益(ほぼない)を公開しますのでそちらも見てくれたら幸いです。

 

これからも更新頻度は落とさずに頑張っていこうと思うのでぜひ他の記事も見ていってください( ^ω^ )

日の出を見ながら早朝ランが気持ちいい理由

こんばんは、Fラン私文学生です。

 

最近、早朝に日の出を見ながら家の近くをランニングすることにハマっています。

 

f:id:frnstudent:20180822174133j:image

これは僕の家付近のランニングコースの河川敷です。走ってて気持ちがいい、とても良い場所です。

 

僕の住んでいる地域での最近の日の出は5時前後になっています。

 

「夏休みなのになんでそんなに早起きしてるの?」

 

いやいや寝ないで走ってます。

 

「馬鹿なの?」って思いますよね(笑)

しかしこれがまたほんとうに気持ちが良いのです。

夜通しでゲームにふけ、気分転換も兼ねて走りに行く。

 

ある程度走って家に着いたら即シャワーからの即睡眠。

布団に入って2秒も経たずに眠れます(笑)

 

ここ1週間くらいやっているのですが体調もすこぶる良いという最強の習慣になっています。

 

体や気分もリフレッシュできるので夏休みだらけてる学生におすすめです。

 

個人的にはすごく気持ちが良く爆睡できるようになる早朝ランなのですが、世間では否定的な意見もあります。

 

遅い時間に走ったり、トレーニングをして、それからそう時間が経たないうちに眠るのは、「脳は眠っていても体は興奮して目覚めたまま」という状態になっていると言うのです。

 

これは疲労が蓄積されて体に良くない状態になると指摘されてます。

 

そんなことはない!と思うのは僕がまだ学生だからでしょうか。若いうちはちょっとくらい無理しても全然眠くなりませんからね。

 

しかし、良いところもあって冷え症が改善されたという意見もあります。

 

一般的なサラリーマンや学生などは朝早くに家を出なければなりませんから、寝ずに早朝ランというのはあまりオススメできるものではありません。

 

朝早くから登校しなくていい大学生や仕事の時間が遅い人や長い休みがあるという人にはとてもオススメです。

 

自分なりに都合の良い時間を見つけてみなさんもランニングをしてみましょう!

 

一度都会で暮らしたら田舎の生活には戻れない

 

「田舎の田畑田舎の田畑」のフリー写真素材を拡大

どうもこんにちは、Fラン私文学生です。

 

つい先日、実家から自宅に帰ってきました。

 

ケチって特急列車に乗らずに普通列車で3時間半かけて帰ったのですが、40駅も逐一止まるのは思っているより相当しんどかったのでケチるのはやめようと思いました。。

 

実家は俗にいう田舎にちょろっと毛が生えたような都市なのですが、やはり都会と比べると何をしても不便ですね。

 

まず田舎では免許を持ってない人は絶対に暮らしていけません。

何をするにしても、どこに行くにしても車、車、車です。

コンビニですら車で行く人が大半ですからね。(笑)

 

生まれてから18年間はそこまで不便な思いをせずに暮らしていたのですが、一度都会で暮らしてしまうとこういった思考に陥ります。

 

田舎だとどこか出かけるときに、免許を持ってないと誰かに連れて行ってもらうか自転車で出かけるしかありません。

 

都会では自転車で街を走っている人はたくさんいると思いますが、田舎ではびっくりするくらい存在しません。単純に人口が少ないというだけかもしれませんがほんとうに誰も乗っていません。

 

都会の人はびっくりするかもしれませんが、田舎で住宅が多い場所を自転車で通ったり、歩いたりするだけで、「今通った人だれだれさん家の何君?」などとじろじろと観察されるのです。

 

平日の昼間に外を出歩いているものならそれはもう不審者扱いしてくださいと言っているようなものです。

 

このような都会育ちの人が驚くようなことをこちらの記事に書いています。興味を持ったり驚いたりしたらぜひこちらも読んでみてください。

frnstudent.hatenablog.com

 

年配になるにつれてこういったことを言う比率も高くなっていく気がします。なんか気味が悪いですよね。僕はそういったことは一切気にしないタイプだったので都会はもう気楽でしょうがないです。

 

僕みたいな田舎の村社会のようなものにあっていない人は一度都会で暮らしてしまったら絶対に田舎には戻りたくないと思うはずです。

 

「田舎の結束が強い暖かいコミュニティのほうが好きなんだ!」っていう人はそれはそれでいいと思いますが、少しでもそのコミュニティが居心地が悪い、居づらいなどど思ったら一度都会で暮らしてみるといいでしょう。

 

閉ざされ、閉鎖されたコミュニティ、固定化された内輪間で生涯を終えるというのは、つまらなく、悲しいものだと思います。

 

ぜひ、田舎の村社会のしがらみから脱出して都会で気楽に暮らしてみることをおすすめします。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

結局ただ田舎をディスるだけの記事になってしまいました(笑)

今からフォートナイトを始める初心者ならスイッチ版がおすすめ!

 

こんにちは、夏休みがフォートナイトに染まっているFラン私文学生です。

 

いや~フォートナイト、本当に面白いですよね。

 

ここ一年くらいで急激に流行りだして、今もなお凄まじい人気を誇っているこのフォートナイト。

 

フォーナイトをよく知らないという人に説明すると、100人が同じフィールドでバトルロワイヤルをするというゲームです。

 

これだけならよくあるゲームなのですが、フォートナイトはそれに加えて家や森を破壊して、その素材で建築して戦うことができます!

 

しかも無料でプレイできるのだからもう流行る要素しかないです。

 

しかしレート制・ランク制が存在しないため初心者が非常に勝ちにくくなっています。なので始めてすぐの頃は、全く勝てる気がしないと思います。

 

PC版は特に異次元レベルに強い人がわんさかいるのでやってられないと思います。

 

そこで初心者にはまだフォートナイトの配信が開始されてそこまで経っていないスイッチ版でのプレイをオススメします。

 

キーボード操作と違ってコントローラーなら取っつきやすいと思うことも理由です。

 

あとこれは、個人的な意見なんですが、スイッチ版は角待ちショットガンなどが少ないように感じます。イライラしなくて良いのはゲームをやるうえでとても大切ですよね。

 

クラフトもスイッチのコントローラーなら感覚的にできることと思います。

 

結論を言うと、「みんなで気軽にスイッチでフォートナイトをやろう!」っていう話でした。

NHK集金人がついに家にやってきた!噂通りしつこい!

どうも、最近ひたすらに怠惰な生活を送っているFラン私文学生です。

 

いや~関東は暑いですね。。

今、東北の太平洋側にいるんですけど昼間から外を暑い思いをせずに歩けるっていいですよね。

 

まぁそんなことは置いといて、ついちょっと前に台風が来てましたよね。

 

その雨がとんでもなく激しいときに奴らは突然やって来ました。

 

僕の家のインターホンは壊れていて音しかならず、話すことができないので、ドアの防犯窓からのぞいて怪しい人じゃなかったら出るようにしています。

 

「こんな土砂降りの日にだれだよ」と思いつつ、いつものようにドアを開けました。

 

そしたらなんとNHKの職員でした (^▽^;)

 

何かと話題になっているNHKの集金人ですが、ついに!!自分の家にも来たか!!となぜか興奮していました(笑)

 

とりあえず一番最初に思ったことは、「なんでこんな土砂降りの日にわざわざ来るんだよ」でした。

 

こんな日にわざわざ来たということは、警戒心なく訪問するためや一日のノルマ達成のためなのかなぁ、ってことを考えながら職員と応対していました。

 

NHKの名刺を見せてもらった後、まず最初に職員は、「こちらのお宅NHKの受信料の契約してませんよね?」というようなことを言ってきました。

 

僕としては、無駄なお金は絶対に払いたくないので、ここで肯定してしまってはダメだと思い、「そういうのはよく分からないです。たぶん両親が全部管理しています。」と言いました。

 

「じゃあご両親にお電話つないでもらってもいいかな」と言われたので、「両親はどちらも夜遅くまで仕事です」と嘘をつきました。

 

これで職員もひとまず諦めてくれるだろうと思いました。

 

しかし、「じゃあ明日なら日曜日だしお仕事もお休みですよね?」と聞かれて、噂通りほんとにしつこくグイグイくるんだなぁと少し驚きました。(笑)

 

そろそろ対応するのもめんどくさいし帰ってもらおうと思って、「両親どちらもサービス業で一日中忙しいですね。後日自分両親に連絡してみます。玄関が濡れてしまうんでもういいですか?」と言いました。

 

そしたら「近いうちにまた来ますね」と言ってそそくさと帰っていきました。

 

我ながら上手に断ったと思いつつ、次からはNHKっぽい人が来たら、無視を決め込むことにしました。

 

いや~、奴らほんとに突然来るんですね。

NHKから国民を守る党とやらがあるくらいには、受信料が問題視されているので、どうにか公的に払わなくてもいいようになってくれと思ったという話でした。

 

自宅ではスリッパ?裸足?メリットとデメリットを比較!

 

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c8/c896194c4bd19eb75d0a8af79994ba5f_t.jpeg

みなさん、自宅でスリッパ履いていますか?

 

僕は必ず履いています。

もはや生活必需品になっています。

 

スリッパを履いて生活することがもはや習慣になっているのです。

 

しかし世間では普段からスリッパを履いて生活している人は、普段裸足で生活している人よりも少ないように感じます。

 

自宅で自分用のスリッパを用意して履いている人、家では裸足でいるという人などさまざまな人がいることでしょう。

 

そこで今回は日本がスリッパを履き始めた経緯や、スリッパを履くことのメリットやデメリットを裸足と比較して調べてみました。

 

スリッパは日本発祥のもの

スリッパは江戸時代末期から明治以降に作られました。

幕府による鎖国が終わり、外国人が日本にやってきたときのことでした。みなさん知っての通り、日本の文化と違い、外国人は靴のまま家に上がり込みますよね。

その際、トラブルになることが増えたために玄関で靴の上から覆って履くようにと考え出されたものが「スリッパ」です。

つまり、スリッパは日本から発祥されたのです。

 

スリッパを履くメリット・デメリット

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/6b/6b33b96c9b7e9384a6895920dd22badd_t.jpeg

外国人が靴のまま部屋に上がるのを防止するために使われ始めたスリッパですが、日本人に広く普及したのは、日本の住宅が西洋化していった昭和のころからです。

 

とはいえ、今ではスリッパを履くのはあたりまえになりつつあります。スリッパにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

メリット

自宅でスリッパを履くメリットは、足の裏の皮脂が床につかないことです。そのため、足も床も汚れずに済みます。

 

また、水虫などの足から感染するものの予防にもなります。

 

冬など寒い日には、スリッパを履いていれば冷たい床に触れることがないため温かいです。冷え性対策にもなります。

 

デメリット

足が汚れずに済むと書きましたが、毎日スリッパを使っていたら、スリッパも汚れてしまいます。

 

夏場などにスリッパを履くと特に汗をかきやすいのでこまめな洗濯を心がけて、衛生的に良い状態を保つことが大切です。

 

裸足でいることのメリット・デメリット

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/91/91e86711f7b52065233f9c1ebbff3ea7_t.jpeg

スリッパと代わって、自宅に裸足でいることのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

メリット

普段から裸足で生活することで、足裏の筋肉や足の指が鍛えられ、歩くときの負担が軽くなります。

 

また、足裏のツボが刺激されるため、脳や器官が活性化し、身体の調子がよくなります。偏平足という歩く際にさまざまな支障が出る病気になることを防いだりもできます。

 

デメリット

裸足で生活していると自宅とはいえ、ガラスの破片やごみなどを踏んでしまって、ケガをする恐れがあります。

 

足に傷があった場合はばいきんが侵入して腐ってしまったり、水虫になるリスクが高くなったりします。

 

特に掃除が行き届いていない部屋に裸足でいることは不潔であり、危険なので気を付ける必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はスリッパと裸足のメリットとデメリット、歴史について紹介しました。

 

スリッパと裸足、どちらもメリットとデメリットがあり、一概にどちらが良いとは言えないので自分で好みの方で生活しましょう。

 

たまには普段と違って、スリッパの人は裸足で、裸足の人はスリッパで生活してみると新しい発見があるかもしれませんね。

高いイヤホン・ヘッドホンは必要なのか?安いものとの違いは?

 

https://publicdomainq.net/images/201610/31s/publicdomainq-0002168pbx.jpg

イヤホンを選ぶとき、家電量販店などに行って実際に音を聴いてみたり、デザインを見て選ぶ人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、家電量販店に行くとイヤホンがたくさんディスプレイされており、どのイヤホンが自分に合ったものなのか分からないという人も多いと思います。

 

また実際に音を聴いてみても「違いなんて分からないよ」という人もたくさんいると思います。

 

著者も「音が聞こえればなんでもいいや」という考えで、スマートフォン付属のイヤホンを使い続けているような人です。今まで生涯で買ったイヤホンの総額ですら5000円を超えていません(笑)

 

ですが最近電車やバスで付属のイヤホンを使っている人を見かけることが少なくなったような気がします。Bluetoothイヤホンの普及からくるものなのでしょうか。

 

そこで今回は、高級イヤホンと比較的に安いイヤホンはどこに違いがあるのかを紹介したいと思います。

 

音に深みを感じる

「3.5mmイヤホン端子とスマホのイヤホンジャック3.5mmイヤホン端子とスマホのイヤホンジャック」のフリー写真素材を拡大

イヤホンは高価なものになるにつれて聴こえる周波数の範囲が大きく変わっていきます。

 

人の耳が聴こえる範囲はたくさんのイヤホンが完全にカバーしていますが、その中でも特に高価で音域が広いイヤホンは人の耳を超えて音に深みを感じられる場合もあります。

 

安いイヤホンは音が軽いように聞こえ、音圧不足のように感じてしまいます。百均のイヤホンなどは特にこのような音のように感じられることでしょう。

 

対して高いイヤホンは、さまざまな場所から多くの音源が出ているように感じられ、深みのある重低音が感じられるようになっています。

 

これは、高いイヤホンと安いイヤホンでは使っている貴金属などが違うという要因からきています。

 

イヤホン独自に付属している機能の違い

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AIrPAKU1729_TP_V.jpg

AirPodsなどが良い例ですが単純に付属している機能が多いので値段が上がっているとうイヤホンも最近は多くなってきています。イヤホン専用の充電ケースや充電ケーブルなどが付いてるだけで値段はぐんと上がっていきます。

 

Bluetoothのイヤホンに安価なものが少ない理由は付属の機能や独自のバッテリーがあるからです。

 

またスマートフォンiPhoneを操作できるようなイヤホンは、ライセンス料や機能料をプラスした価格になっているため値段の高さに繋がっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

値段によって聴ける音域の範囲や機能が変わってくることが分かりました。

 

コストパフォーマンスや自分の聞く音楽のジャンル に合わせてイヤホン・ヘッドホンを選んでいきましょう。